格安航空券には色々と種類がある

夕焼けの空港

格安航空券には色々と種類がある

格安航空券と一言で言っても、実際は色々と種類があります。その種類を理解した上で選ばなければ、後で後悔してしまったり、自分が取りたいと思ったチケットではないこともありますので、しっかりと種類を確認しておきましょう。

旅行代理店が取り扱っているチケット

ショップの外観
旅行代理店が取り扱う格安航空券があります。
このチケットはいわゆる航空会社が旅行代理店向けに卸したタイプのチケットです。
航空会社は一般向けにチケットを売り出すだけでなく、旅行代理店にも販売しています。
旅行代理店ではツアーを企画して全体的に安い値段でお客様に楽しんでもらおうとしています。
そのために航空会社もそれを理解して安い値段で旅行代理店に卸しているのです。
そしてツアーとして発売することもあれば、バラ売りとして、安い価格でチケットだけを売る場合もあります。
バラ売りされたチケットが格安航空券ということになるのです。

航空会社が取り扱う早割のチケット

赤淵の航空券
航空会社が取り扱うチケットで早期割引と言われるチケットもあります。

これは時期にもよるのですが、だいたい3ヶ月前までに購入しておくことで安い値段で搭乗することができるというものです。
とてもリーズナブルな価格で行ける反面、3ヶ月前までには飛行機を決めておかなければいけないことになりますので、つまり旅行や出張の計画がこの日までには決まっていないといけないのです。
そういったことを考えるとギリギリに決まりそうな旅行や出張、今はすでに決まっているけれど変更が後々あるかもしれないといった場合には使えないこともあります。
予約を入れると予約変更ができないこともあるので注意が必要です。

正規の値段でも割引があることも

最後に紹介するのは早割ではないのですが、ANAやJALなどが用意しているダイナミックパッケージ的なものです。
正規の値段にホテルをセットすることによって割引になり格安になることもありますので、これを利用することでリーズナブルな価格で、飛行機に乗ることができるでしょう。これも人気があります。
このように一言で格安といっても色々と種類がありますので、どれを選べばいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。
予約を入れるタイミング、時期、自分の目的に合わせても違ってきますのでしっかりと明確にさせた上で自分に適したチケットを選ぶことがいいでしょう。
値段だけでみたりして、いい加減に選んでしまうと後で後悔することになりますので注意が必要です。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017一番手っ取り早く、多くの人が利用している格安航空券入手方法とはAll Rights Reserved.