格安航空券を利用するに当たっての注意点について

夕焼けの空港

格安航空券を利用するに当たっての注意点について

格安航空券をとって手軽に旅行や出張に行ける時代になりました。しかし注意点がありますので、それを押さえた上で予約をしなければ後悔したり、あとで少しお金を追加で払わなければいけないことになるケースもあるので気をつけましょう。

予約変更やキャンセルは基本的にはできない

予定帳
よほどオプションがセットになっている格安航空券以外は、予約変更やキャンセルは基本的にはできない仕組みです。
そのためにもし計画を立てている旅行や出張の日程が変更しそうだというときには、あまり適しているとは言えないのです。
予定が変わるかも知れない、キャンセルになるかもしれないという人は、よく考えた上で最終的な判断を行いましょう。

いつまでに予約を入れなければいけないという制約

これも格安航空券の種類にもよりますし、どこが取り扱っているチケットなのかにもよるので、一概には言えないことなのですが、予約を何日前までに入れなければその値段では適応にならないということがあります。
ですからあまりにゆっくりと計画を立てるようなケースでは適さないのです。前から決めている場合に適応されますので、最低でも3ヶ月くらい前からは予約を入れておけるような状況であることが注意点です。
間際になると安くなるのでは?と考える人もいるのですが、通常航空券の値段は、間際になればなる程値段はあがります。
間際になれば叩き売りされるというイメージは一切ないのです。

手荷物などは付いているのかどうか

LCCを利用する場合は機内食や預入の手荷物などは一切含まれてないことが多いです。
そのために、手荷物がある場合は予約するときに別途費用が必要になりますので、それも見込んだ上で予約をしなければいけません。
預入の手荷物がある場合、当日に予約を入れるよりも、前もって予約を入れておいたほうが良いケースが多いです。
ですから前もって予約を入れておくことが大事です。
当日カウンターでも受け付けてくれているのですが、そこで支払う料金と、事前に予約を入れていた料金では違いがあります。
ですから、前もって予約を入れておいたほうが安い場合にはそれをしっかりと頭に入れておいたほうがいいでしょう。

よく読んだ上で予約を入れる

利用規約やキャンセル時の規約なども必ずホームページ上に記載があるはずです。
ですから、しっかりと規約を読んだ上で自分が目的としている場所へ行くにあたって不便はないかどうかも確かめて利用するといいでしょう。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017一番手っ取り早く、多くの人が利用している格安航空券入手方法とはAll Rights Reserved.